東京スター銀行おまとめローンと他の金融機関の比較

東京スター銀行カードローンとSMBCファイナンスは密接な関係があるって聞いたんですが、一体どんな関係なんですか?SMBCファイナンスが東京スター銀行カードローンの保証会社をしているのですか?と、お問い合わせを頂きました。
東京スター銀行カードローンの保証会社は新生ファイナンシャル株式会社です。
では、SMBCファイナンスとの関係はと言うと、東京スター銀行カードローンには2つのカードローンが存在していて、東京スター銀行の口座を必要としないネットタイプのカードローンがあります。
東京スター銀行の口座は必要ありませんが、返済はネットバンク口座から口座振替にて引き落しされます。
その口座振替を行なってくれる会社がSMBCファイナンスサービスなのです。
SMBCファイナンスサービスが利用出来るネットバンクは多く存在します。
と言うかほとんどのネットバンクが利用可能なのです。
大手銀行はもちろん、ジャパンネット銀行、楽天銀行等の100%ネットバンクから地方銀行のネットバンクまで網羅されています。
なので、東京スター銀行カードローンのネットタイプだと口座の開設は不要とまで言われているんですね。
SMBCファイナンスサービスは東京スター銀行だけでなくいろいろな銀行やネット決済を必要としている会社が利用しているところです!

おまとめローンというものは複数の借入れ先を1つにまとめることができるローンで月々の返済額を低くすることができます。

月々の返済額が抑えられることによって経済的な負担や精神的な負担が軽くなるというメリットがありますがおまとめローンを組んでも元本は変わりませんから返済期間が長くなる事になります。

返済期間が長引けば、長くなった分だけ金利が発生するということになりますので返済しなければいけない総額はおまとめする前より増えてしまうのです。

一方で、金融業界の常識として与信限度枠が高い人ほど適用金利が低くなりますからおまとめローンで高い与信限度額が承認されれば、現在よりも低金利で借り入れられることになります。

ですから、きちんとシミュレーションして返済額を算出することで返済総額を増やさずに、しかも毎月の返済を楽にすることも可能なのです。

複数の金融業者から借金をしていると借入残高がマチマチなので管理しにくいですね。

借入件数が多い人は借入れ可能額が低いために借入件数が増えたのだと思います。

金利の設定は与信限度額が高いほど低くなりますから借入先は1社にまとめたほうが効率的です。

反面、多くの金融機関で多重債務者は敬遠されがちですので全ての借金を完済できる金額を借り入れるのにはハードルが高すぎます。

しかし、おまとめローンは多重債務者が一方的に有利になる借り換えなので積極的に利用することをおすすめします。

おまとめローンは多重債務者が借入先を整理するために新規の借入先を見つけてこれまでの借金を返済するためのローンです。

一方で、借り換えローンというローンはこれまで借りていた金利よりも低金利のローンから借り入れて今までの借金を一括返済し、借金を一本化した状態で返済していくことになります。

これらは金融上の定義づけはとしては異なるのですが、厳密に区別されることはなく借り換えローンという名前でおまとめローンを提供している金融機関もあります。

消費者金融は高金利で、銀行は審査が厳しいのが一般的ですがどちらのおまとめローン・借り換えローンがお得かは目的によって変わるでしょう。

両者の決定的に異なる点は、消費者金融のおまとめローン・借り換えローンは追加融資はできないのに対し銀行はフリーローンが多く、通常のカードローンと同じように限度枠内なら追加で借り入れや返済が可能です。

おまとめローンの審査が何度も不合格な人はゼッタイに通らないとあきらめていてはいけません。

一般的なローンの審査項目は年収や勤務先、勤続年数、借入先の件数、他社からの借入れ総額、個人信用情報などがあり特に目立った問題点が無ければ審査通過に期待が持てます。

年収は高い人なら余裕で審査通過できると思われがちですが年収の1/3を超える借入総額の場合は審査落ちは必至です。

属性審査は安定度や確実性の判断材料となり契約社員はアルバイトと同じレベルで評価される場合もあります。

おまとめローン利用者は多重債務者なのでいわゆるブラックリストに載っている人は審査落ちは確実です。

マイカーローンというのは5年から7年にわたる返済期間になりますので、ショッピングローンとしては長い方ですが自動車自体が高額商品になりますので毎月の返済額が高くなるのは否めません。

ローン返済中に給料が下がってしまったり転職などで収入が減ってしまうと毎月の負担が大きくなるのでマイカーローンを含めたおまとめローンを組むということも考えなければいけないかもしれません。

銀行のおまとめローンであればそれも1つの選択肢としてありだと思いますが消費者金融のおまとめローンは、マイカーローンの返済に利用できないかもしれません。

と言うのも、消費者金融のおまとめローンというものは貸金業者からの借入れ金を1つにまとめるものなので銀行から借り入れて組んだマイカーローンは利用対象外ということなのです。

信販会社で融資を受けたマイカーローンでキャッシング枠ということでしたら対象になりますがショッピング枠であれば利用することはできません。

住宅ローンを組む際にカードローンを利用していると不利になるという話がありますが返済負担率さえ問題が無ければ、カードローンを利用していても不利になるとは限らないという意見もあります。

そうはいっても、お金に困っているからカードローンで借金をしているということは明白ですからなるべくカードローンは住宅ローンの審査までに解約しておくことをおすすめします。

複数の金融機関より借金をしているという多重債務者の場合はおまとめローンを利用して借金を1本化することが最優先です。

おまとめローンを利用している所から住宅ローンの融資を受けるのは不利になるだろうと思う人もいると思いますがすでに取引実績がある金融機関で滞納なく返済していれば逆にプラス評価となります。

それに加えて住宅ローン利用者は優遇金利となる場合がありますから優良顧客という自信がある人は同じ金融機関で住宅ローン審査を受けることをおすすめします。

おまとめローンを利用すれば利子を減らせるのがメリットの1つと言われていますが、これは、低い与信枠のカードローンを複数借入れしているためです。

おまとめローンで本当に利息が少なくなるかどうかは申し込む前に自ら金利の計算をして確認しておくことが大切です。

おまとめローンのサービスを提供している金融機関ではホームページ上で返済シミュレーションが行えるようになっています。

現在、借入している金融機関の金利や借入額を入力するだけでおまとめローン後の返済額や返済増額が表示されるため簡単に比較できます。

消費者金融よりも銀行のおまとめローンの方が銀行ごとの金利差が大きいのでおまとめローンを検討している人は返済シミュレーションでしっかりと金利計算をすることが借金完済への一歩です。

多重債務者を救済するための商品がおまとめローンですが利用件数が多すぎると審査に通らないことがあります。

借入件数は3社までなら安心ですが審査落ち確実な人でも通る策が無いかを考えてみましょう。

最初に行わなければならないことは今までの返済状況の確認と借入先と借入金額や残高の確認です。

1社でも完済できれば借入件数は減らすことができますから利用可能額をかき集めて返済できるローンを完済してしまいましょう。

借入件数よりも遅延や延滞が重要視されますから、事故歴がなければ返済に支障はないと判断されて審査を通過するケースも多いようです。

おまとめローンに申し込んだ結果審査に落ちた場合その原因を究明しなければ、次のおまとめローン審査を受けても落ちてしまう可能性があります。

審査項目には年収をはじめ、勤務先や勤続年数、借入件数などがあり、これら全て問題が無いと判断されれば審査を通過することができます。

年収は多い方が有利ですが、肝心なことは借入総額とのバランスで常識的な範囲に収まっていれば返済可能と判断されるようです。

勤務先は公務員や大企業の社員だと評価が高く個人事業主やフリーター、入社1年未満という人は低い評価になります。

個人信用情報は過去の借り入れ等を審査される項目で過去に自己破産をしていたり、返済の遅延、あるいは滞納があった人は、審査を通るのは難しいかもしれません。

数社から借り入れているローンを1本化できるおまとめローンを利用すると返済日や残高の管理がしやすくなります。

メリットが多く効率的なおまとめローンなのですがデメリットも多いので、事前にチェックする必要があります。

通常のカードローン審査と同じようにおまとめローンにも審査がありますが、多重債務者であることなどの要因で審査のハードルは高くなります。

毎月の返済額が多すぎるから減らしたいという人は返済期間が長くなるので利息が多くなりますから、現在よりも損をすることになります。

月々の返済額が少なくなると気持ちに余裕が出てくる人もいるようで解約した業者から融資のお誘いを受けると、又、借りたいという誘惑に負けてしまう可能性があります。

埼玉りそな銀行にはおまとめローン専用のサービスはありませんがフリーローンで対応することができます。

貸付利率は6.5%から14.0%と消費者金融よりも低く設定されていて来店不要で契約できるのもおすすめポイントです。

銀行の融資なら総量規制は適用されませんし年収による申し込み規制もありませんから、パートでも申し込むことができます。

安定した継続収入がある人で満20歳以上完済時年齢71歳未満の日本在住の人なら申し込みができますが給与所得者でも未成年は申し込むことができません。

「りそなプレミアムフリーローン」は「プライベートローンJ」の上位商品ですが前年の源泉徴収票などの収入を証明する書類が必要になります。

おまとめローンの申し込みで一番手軽な方法は全ての手続きがインターネットで完了できるweb完結です。

手続き中に知り合いと出くわす危険もありませんし、24時間受付けているので、忙しい人でも余裕を持って申し込むことができます。

web申し込みとweb完結は違うために注意が必要ですがweb完結なら本人確認書類もカメラで撮影し画像を送るだけでOKです。

web申し込みは申し込みフォーマットに入力するだけなので必要書類を郵送してもらって記入後返送するローンもあります。

web完結なら夜中でも手続きができるだけでなく即日融資に対応している業者も多くあります。

おまとめローンとは何件もの金融業者から借り入れている人が既存のローンを一括返済するために、新規の融資を受けるためのローンです。

複数の金融業者からお金を借りれいると何回も返済日があるので残高の管理が大変です。

与信枠が低いと高い金利になり不利ですから何件ものローンを1本化した方が利息を抑えられるかもしれません。

しかし、おまとめローン利用者は多重債務者なので審査の基準が厳しくなったり、断られる可能性もあります。

おまとめローンを提供してる金融業者もありますのでそのような業者を積極的に狙った方が良いでしょう。

銀行系消費者金融のアコムにはおまとめローンに利用できる借換え専用ローンというキャッシングローンがあります。

消費者金融は総量規制を受けるため年収の1/3を超える融資ができませんがおまとめや借り換えは総量規制の例外貸付が適用されるので対象外となります。

例外貸付とは顧客に一方的に有利になる借り換えなどが該当し、貸金業からの返済にだけ利用することができます。

アコムのカードローンに比べて借換え専用ローンは300万円と低めの限度額ですが実質年利は7.7%~18.0%と高めの設定になっています。

借換え専用ローンで借りたお金は何に使っても良いというわけではなく貸付金額は元金の範囲内となります。

おまとめローンは複数の借入れを1本化することによって毎月の返済額や利息の負担を軽くできるというメリットがあります。

でも、返済金額を抑えることができたとしても自分に合った返済方法でなければ、更に状況が悪化することになります。

おまとめローンにしても元本は変わらないので毎月の返済額を今より低く設定すると返済期間が長くなります。

返済期間が延びれば延びるほど支払う利息も比例して増えていきますので返済する総額は、おまとめする前より多くなることは避けられません。

又、消費者金融のおまとめローンは返済型になりますので、追加融資はできないのですが銀行のおまとめローンはフリーローンが多いので追加融資が可能ですから借入額が増えるリスクも含んでいます。

引用:東京スター銀行おまとめローン審査は通りやすい?【借入基準は厳しい?】